忍者ブログ
持ち込みの体験談などを中心としたブログ
[10] [9] [8] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■覚悟■
※この記事は以前自分の雑記ブログに書いたものの転載です※


今日は
漫画街
というプロの編集者さんのサイトに行って色々勉強してきました。

前にも
漫画家を目指している人の広場で持ち込みの体験談を読んできたので、
いろいろあるなぁ~と思っています。
編集者さんも人間ですから、どうしても親切な人、不親切な人、
熱心にアドバイスをくれる人、くれない人。
また漫画を描く私たちもまた人間ですから、それをうけて、
一喜一憂するのは仕方ないことだとも思いました。
そもそも私は「厳しいこと言われに」編集部に持ち込みに行く気でいます^^;
友人にはネガティブすぎだろと突っ込まれました汗
普段はいらんくらいポジティブですが笑

私は一社会人として、その出版社で何が出来るのか、ということはあまり考えていなかったので
改めて私が自分自身の漫画で何が出来るのか、何をすべきなのかを考えさせられました。
私が漫画で見せられるもの、示したいもの。
それが何なのか、がむしゃらに原稿を描いて考えるしかないのかな。
各々の作品のテーマではなく、私の漫画全体としての“何か”。

人並みに生活したいなら漫画家になるのは妥当ではないことぐらい
重々承知しています。
でも私は、『漫画を描きたい』という自分の思いに素直でいたい。
もう漫画は私の人生、命そのものと切り離せないものとなったから。
漫画と出合えた、その時から私は“生きている”という実感を抱きましたし。

勉強も嫌いではありません。
ですから学校でも真面目に勉強しています。
両親は私が漫画家になりたいといったあの日から「なってもいい」と
口にはしながらも、やはり心配してくれていて、
「教師免許でも薬剤師の免許でもいいから、免許くらいはとっておきなさい」
といってくれています。
だから両親を安心させるためにも、勉強をして一つ免許はとるつもりです。

でもどんなに貧乏になっても、それを本業とすることはないでしょう。
今でも言っていますが、「本業は漫画で、副業は勉強」と、
学生の本業を完璧無視のことを言ってます。
(罰当たりもんですいませんorz)

これから私が私の漫画でできることを精一杯捜そうと思います^^

珍しくシリアスな上、長くて申し訳ないです、、
ここまで読んでくれた人、お疲れ様ですm(__)m
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
■管理人■

HN/PN.月影 蘭
HP:
創作ウェブ漫画サイト

持ち込み報告サイト

COMMENT:漫画大好き!
漫画家目指して邁進しています☆
ブログ内検索
最新コメント
[09/26 月影 蘭]
[09/21 Buchi]
[07/03 月影蘭]
[07/01 Buchi]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 月影記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]