忍者ブログ
持ち込みの体験談などを中心としたブログ
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

――震災について

先月11日、とても大きな地震が発生し、それに伴う津波や火災、家屋の倒壊などの災害で
多くの方が命を落としました。

いまも、多くの方が以前とはあまりにも違う町のなかで、
己を叱咤し復興へと歩んでいます。

そしていまも、多くの方が、
目に見えぬ恐怖と不安、先行きのわからぬ日々を過ごしています―…。


あの日からすでに1カ月以上が経過しています。


私は東北在住で、震度は6強と比較的強い揺れを感知した地域に住んでいましたが
内陸部ということもあり、津波による被害はなく、
住んでいる場所も塗装がはがれる程度の軽い被害で済み、
今日までなんとか無事にやってこれました。

震災直後、電気・水道・ガスなどのライフラインが途絶え、情報がなかなか入ってこない状況でした。

その日は雪も降り、かなり冷え込んだため、着の身着のまま向かった避難所では
身を寄せ合うように過ごしました。

避難所も時間が経つにつれどんどん人が増え、とても眠れるスペースが確保できている状況ではありませんでしたし、配布された非常食も一人1食分と500mlの水一本のみでした。

避難所から家へ帰った後も、スーパーはなかなか開かないうえ、
開いているスーパーでは長蛇の列。
情報もないので今日、明日、明後日…どうなっていくのか日々不安を抱えていました。

食糧と水の確保がままならないため、震災から3日後、
県外の親族の元へ家族と一緒に身を寄せることになりました。
幸いなことになんとかそれだけのガソリンは親の車に入っていたので…。

県外に出て、はじめて震災の情報を目にしました。

その時の衝撃とショックは、おそらく一生忘れられないでしょう…。

県外に出てからは、必死にご飯を食べました。
県内にいたときは水も食料も十分とれていなかったので、温かい食事を口にした時は
本当にうれしくて、おいしくて、幸せで…涙がでました。

病み上がりの身で体力がだいぶ減退していることもあり、肉体仕事はできないのですが
そのほかの面でいろいろと支援をしていきたいと考えています。

奇しくも今年から、震災で多くの生徒が甚大な被害を受け過酷な生活を送っている母校の
同窓会の幹事になりました。
在校生たちを支援するために同窓会でも動き始めており、これからも活動していきます。
そこで自分にできることをしっかりとこなして少しでも力になれたならと考えています。

――その後

当初の予定では3月末に持ち込みをするはずでした。

しかし震災の影響で原稿作業を一時中断せざるを得ず、
また生きることで精いっぱいだったので
とても漫画を書いて持ち込む、という余裕ができませんでした。

しかし、4月初めごろに、ようやくライフラインすべてが復旧し、
心身ともに余裕が生まれたので原稿作業を再開しました。

今月末、アポイントをとって、持ち込みをすることになりました。

いろいろと災難が続き、2年ぶりの持ち込みとなるので、少し緊張しますが…^^;
いろいろな批評などいただいて、一生懸命勉強してこようと思っています!

それでは、長くなりましたが…

さいごに、大小規模はさまざまですが余震も続いていますので、
みなさまくれぐれもお気をつけて…。

わたしも体調に気をつけつつ、今月末の持ち込みに備えます^^*

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フリーエリア
■管理人■

HN/PN.月影 蘭
HP:
創作ウェブ漫画サイト

持ち込み報告サイト

COMMENT:漫画大好き!
漫画家目指して邁進しています☆
ブログ内検索
最新コメント
[09/26 月影 蘭]
[09/21 Buchi]
[07/03 月影蘭]
[07/01 Buchi]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 月影記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]