忍者ブログ
持ち込みの体験談などを中心としたブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


原稿作業のお供の画材!

いろいろ試してきましたが、今のところ↓で紹介した文具や画材が
個人的には気に入ってます(*^o^*)

早速紹介していきまっす!↓↓

◆ネームのとき

ネームを描くのは「水性ボールペンらくがき帳(無印良品)」です。
立派な紙を使ったキレイなネーム帳だと気が引けて&なんだかもったいなくて
ネームをすらすら描けないのです^^;(性根がケチなもので…)

無印のらくがき帳はB5サイズ80枚で92円(税込)なのでリーズナブルだし、お気に入り。
一枚で表と裏の2p分かけるので、92円で160p描けます!(せこい)

ネームでシャープペンやえんぴつを使わないのも、
力んですらすら描けなくなってしまうので。
ボールペンだと力まずともしっかりとした線が引けるので
うまく力を抜いてさくっと描けます^^*

◆下書き

水色のシャープ芯を愛用中!厳密にいえば、uniのカラー芯(ミントブルー)。
買いだめしてます(・ω・´*)b+゜

以前は使っていなかったのですが、友人や周りの漫画描きさんの間で
使っている人が多いと聞き試しに購入。

そしたら、下書きが前よりやりやすくなりました!

黒のシャープペンだけで下書きすると線がごちゃごちゃする上、消す時も大変なのですが
水色だと、万一消し忘れが残っていても印刷にはでない濃さのようですv


◆ペン入れ

ペン先は日光の丸ペンオンリー。ペン軸は木製の軽いやつを好んで使ってます。

以前はGペンも使って描き分けしてたんですが、
面倒になって丸ペンのみになりました^^;

でも丸ペンのみで強弱つけようとするとなかなかに手首に負担なので、
またGペンを使用するか検討中。。。

インクは開明墨汁を愛用中。乾くのがコミックインクより遅いですが、濃さが良いです。
そしてなにより香りが好き(笑)
このにおいを嗅ぐと、ヤル気がぐーーーんとアップします!


◆その他

・カッターマット(作業時に下に敷いて使ってます)
・トレース台(背景などをトレース)
・トレーシングペーパー(トレース時にも使えるし、漫画原稿でも文字入れ指定で使う※)
 ※ベタ・トーンや人物などの絵の上に文字を入れたいときなどに使う
・練り消しゴム(あると何かと便利)
・砂消しゴム(トーン削り用)
・定規(30cm、15cm、雲型の3種類)
・デザインカッター(用途に応じて刃先を変えられて便利)
・ミリペン(枠線、効果音文字入れ等に使う)
・筆ペン(ベタ塗りや効果音の文字入れに使う)
 
…などなど。こうして書き出してみるといろいろ使ってますね(笑)
まだここに書いてないものもあったはずですが、思いだせないのでパス!^^;

画材じゃないけどアームカバー(いろいろ汚さないため)や湿布(首と肩に貼る)なども
原稿中はお世話になってます。

漫画の道具をそろえたい人、もう持ってるけどいろいろ試してみたい人は
参考にしてみてください^^*

あくまで私が使っているという一例に過ぎないなので、
ここから何か引いたり足したりして

自分のベスト文具・画材布陣を決めてみてくださいね!

PR

◆原稿作業ステップ2*ラフプロット・プロット◆

私が一番苦手な作業ですっ!!!!汗
でもいい作品になるかどうかはこの作業がすごく大切なのでプロットは丁寧に仕上げましょう!

お話の大体の流れ・テーマを決めます。(ラフプロット)
キャラクターや世界観などの詳細な設定も決め、資料集めをします。

資料集めは具体的には私はファンタジーが多いので西洋の町並みの写真やら背景集からイメージに近いものをどんどん選んで集めて行ってます!
作中で登場させる予定の小道具の資料も集めます。

資料を集めたらそれを実際に自分で描き慣らして、さらにイメージに近いものへと変えていきます。
キャラクターもいろいろ描いてみて大体の服装などまで決めてしまいます。
それからキャラクターの簡単な年表のようなものを作り、さらにキャラを濃くしていきます。


そうしたらようやく具体的にどういうお話にするか決めます。(プロット)
私の場合どういうセリフを言わせようか、またどういう風に場面転換していこうかまで考えて
パソコンのメモパッドを使ってお話全部のセリフと場面のながれを打ちます。
それを自分であるいは友人に変なところがないかチェックしてもらったりして、何度も微調整を加えていきます。
この作業が非常に大変っ!!汗

キャラクターに喋らせすぎるとうるさいしあまりにも喋らせないことがあると状況が把握しづらい感じに仕上がるので…^^;

でも一番大切なのはテーマ(伝えたいこと)が伝わる内容かどうか、です!


**次回予告(?)
原稿作業ステップ3は「ネーム」です。

◆原稿作業ステップ1*ネタ◆

漫画をかくにあたり、まず無いといけないもの…それは―ネタです。
私は忘れっぽいので思いついたらすぐにケータイのメモ機能でメモをしたり、
ノートの端にメモしたりしています。

そうしてメモしたネタを(自分で)分かりやすいようにパソコンのメモ帳の方にまとめます。

◆ネタ作りについて余談◆

2008年6月現在、ネタが70ほどあります。
どうしてこれだけ溜まったかというと、漫画をかけない受験期間中に

「ネタを溜めるくらいなら受験中でもできる!!」

ということで溜めに溜め続けた結果、70ほどに膨れました。笑

まだまだ浅いネタもあればかなり深く掘り下げたネタもあり、
70以上ためたので見直すのが大変ですが楽しくもあります。

・ネタが光臨するとき

1人でぼーっと考え事をしているときだったり、
音楽をきいているときだったり、
カラオケで友達が歌っているのを聞いているときだったり…

ふっ・・・と舞い降りてくることが多いです。
「こんな設定、おもしろいかも」とか「こんなキャラクター描きたいな」とか舞い降りてくる部分は
毎度違うのですが^^;

**次回予告(?)
原稿作業ステップ2は、「ラフプロット・プロット」です★

フリーエリア
■管理人■

HN/PN.月影 蘭
HP:
創作ウェブ漫画サイト

持ち込み報告サイト

COMMENT:漫画大好き!
漫画家目指して邁進しています☆
ブログ内検索
最新コメント
[09/26 月影 蘭]
[09/21 Buchi]
[07/03 月影蘭]
[07/01 Buchi]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 月影記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]